運転免許証の更新

運転免許証は、どのように更新手続きをすればいいのでしょうか?運転免許証の更新手続きは、運転免許証に書かれている有効期限が来る前に行う必要があります。
この有効期限をオーバーした場合は、運転免許証は無効になるため注意する必要があります。


では、運転免許証はいつ更新手続ができるのでしょうか?運転免許証の更新手続は、有効期限になる年の誕生日の前後1ヶ月間に行うことができます。
なお、誕生日の1ヶ月後の日が年末年始の休日、土・日・祝日などの場合には、手続きがこれらの日の次の日までできるようになり、その日まで運転免許証も有効になります。
また、再び次の日が休日になった場合は、さらにその次の日まで運転免許証は有効になります。


例えば、具体的に誕生日が9月23日で、運転免許証の有効期限が平成27年10月23日までになっていたような場合は、更新手続きが平成27年8月23日~平成27年10月23日の2ヶ月間に行うことができます。
また、更新手続きをこの期間内に行わなかった場合は、運転免許証が無効になり、再度取るためには手続きが別に必要になります。


しかしながら、入院していたり、海外旅行に行っていたりする等して運転免許証の更新がやむを得ずできないような場合には、更新手続きを運転免許の有効期限の前に行うことができます。
しかしながら、この場合には短い有効期間になります。
本サイトでは、更新手続に必要な書類、更新手続きの場所、更新を忘れた場合、についてご紹介します。



Copyright © 2014 運転免許証の更新はどうすればいい? All Rights Reserved.